HOME > 新着情報 > 中学英語攻略特集 > 3-5 【中3】動名詞

新着情報

< ☆テスト直し☆  |  一覧へ戻る  |  ☆★冬将軍★☆ >

3-5 【中3】動名詞


今日のテーマ: 動名詞

皆さんこんばんは♪ ステップワン個別指導ゼミです☆彡
今日は動名詞についてやっていきたいと思います。

中学2年生の時にも学習した内容だと思いますが、覚えていますか??

一度おさらいをしておきましょう☆

☆復習☆

①動名詞とは、~ingの形「~すること」と訳すことができる表現です。

②また、置かれる場所によって動名詞の役割が変わります。

【目的語】→ I like talking with my friend. (私は友達と話すことが好きです。)

【主語】→ Reading books  is a lot of fun. (本を読むことはとても楽しいです。)

【補語】→ My hobby is taking a picture. (私の趣味は写真を撮ることです。)
 

【前置詞の目的語】→ He is good at singing. (彼は歌うことが得意です。)

全て「~こと」と訳せば問題ないです☆


前置詞+~ing の決まった表現を中2の回で紹介しましたが、

新しく中3で登場した表現があるので紹介します♪


☆New☆

・by ~ing(~することによって)
・be foud of ~ ing (~することが好きだ)
・be afraid of ~ing(~することを恐れる)

中2で学んだ表現に加えて覚えておきましょう♪

☆復習2☆

前回にも既出ですが、動詞によって、その後ろに来る形が①動名詞のみ、②不定詞のみ、③どちらも可能、の3パターンに別れるので気をつけましょう!

動名詞だけを目的後にとる動詞  enjoy, finish, stop など
不定詞だけを目的語にとる動詞  want, hope, decide など
動名詞と不定詞どちらもとる動詞   like, begin, start など

動詞によって変わるので、出てくる度に覚えておくと良いでしょう☆
 

☆New☆

後ろにくる形によって、意味が全く変わることもあるので気をつけましょう。

ex)) ① They stopped to take a picture.  → 彼らは写真を撮るために、立ち止まった。
    
    
         ②  They stopped taking a picture. → 彼らは写真を撮ることをやめました。

上の二つを比べると、stopの後ろが不定詞か動名詞かによって、全く意味が異なりますよね?

このように少し表現が変わるだけで、意味が全く違ってくるので、よく注意してみてくださいね☆


【本日のポイント】
 
①動名詞は~ingの形をとり、「~すること」と訳す。
②動名詞を含む熟語を覚えよう!
③動詞によって、後ろにくる形が動名詞の場合と不定詞の両パターンがあります。 

④動名詞か不定詞か、少し変わるだけでも意味が全く異なるので、注意しましょう。






しました 

カテゴリ:

< ☆テスト直し☆  |  一覧へ戻る  |  ☆★冬将軍★☆ >

同じカテゴリの記事

2-5.【中2】動名詞


今回のテーマ:動名詞

皆さんこんにちは☆

今回は動名詞についてやっていきたいと思います。

☆動名詞とは…?

「~すること」という意味を表す<動詞の~ing>を動名詞といいます。
動名詞は名詞と同じ働きをするので、覚えておきましょう☆

☆注意1☆

動名詞は場所によって役割が変わるので、気をつけましょう。ですが、すべて「~すること」と訳せば問題ありません。

【目的語】→ I like playing the piano. (私はピアノを弾くことが好きです。)

【主語】→ Listening to the music is a lot of fun. (音楽を聴くことはとても楽しいです。)

【補語】→ My hobby is singing a song. (私の趣味は歌を歌うことです。)
 

【前置詞の目的語】→ He is good at playing soccer. (彼はサッカーをすることが得意です。)


☆前置詞が含まれる表現☆

be good at ~ ing (~することが上手だ・得意だ)  ・without ~ing (~しないで)

How about ~ing?(~してはどうですか?) ・Thank you for ~ing (~してくれてありがとう)

look forward to ~ing (~するのを楽しみにしている) ・be interested in ~ing (~することに興味がある)

after~ing (~した後で)  ・before ~ing (~する前に)

これらのように、決まった表現に動名詞が含まれるものもあるので、覚えておきましょう☆

☆注意2☆

動詞によって、その後ろに来る形が①動名詞のみ、②不定詞のみ、③どちらも可能、の3パターンに別れるので気をつけましょう!

動名詞だけを目的後にとる動詞  enjoy, finish, stop など
不定詞だけを目的語にとる動詞  want, hope, decide など
動名詞と不定詞どちらもとる動詞   like, begin, start など

動詞によって変わるので、出てくる度に覚えておくと良いでしょう☆

【本日のポイント】
 
①動名詞は~ingの形をとり、「~すること」と訳す。
②動名詞を含む熟語を覚えよう!
③動詞によって、後ろにくる形が動名詞の場合と不定詞の両パターンがあります。


1-5、現在進行形


今日のテーマ:現在進行形

☆現在進行形とは?

「~しているところです。」「~している最中です。」等、ある動作が現在、進行している時に用います。

☆現在進行形の作り方

I am playing the piano. →(私はピアノを弾いている最中です。)

上記のように、Be 動詞 + ~ingの形で表すことができます。

☆現在進行形の否定文

I am not reading a book. →(私は本を読んでいません)

のように、Be 動詞 + not +~ing で表現することができます。

☆注意☆

動詞にingを付ける時は…
①普通の動詞→ 原型にそのまま~ing をつける  ex))play→playing、walk→walking、study→studying
②語尾がeの動詞 eをとって~ing                       ex))write→writing、come→coming、make→making
③語尾が短母音+子音→ 子音を重ねてing           ex))run→running、swim→swimming、sit→sitting

このように、動詞によって変わってくるので、語尾に気をつけましょう。


【本日のポイント】

①現在進行形を表す時は、be動詞+~ing
②現在進行形の否定文を作るときは、be動詞の後ろにnot
③語尾によってingを付ける時の注意が必要


3-4、【中3】受け身


今日のテーマ:受け身

皆さん、こんばんは♪ステップワン個別指導ゼミです☆彡
今日は受け身についてやっていきたいと思います。

【受け身」とは】

肯定文「私たちはその猫をタマと呼びます」→ We call the cat Tama.

受け身「その猫は私たちにタマと呼ばれます」→The cat is called Tama by us

このように「~される」という表現を受け身といいます。

【受身の作り方】

This desk was broken by my dog. →この机は私の犬によって壊された。

was + broken とあるように【Be動詞 + 過去分詞】の語順になります。

be動詞が過去の場合は「~された」
be動詞が現在の場合は「~される」 のように、be動詞の時制に合わせて日本語訳の時制が決まります

過去分詞とは何か覚えていますか?
不規則動詞一覧表
意味 原形 過去形 過去分詞
~になる become became become
始める begin began begun
こわす break broke broken
持ってくる bring brought brought
建てる build built built
買う buy bought bought
つかまえる catch caught caugh 
時制によって動詞の形が変化する中で、上記の活用表の3行目に書いてある動詞です。
規則動詞の場合は過去形と同じで大丈夫です。
現在完了の回でもでてきましたね!


【疑問文の作り方】

肯定文・This piano is used by Tom (この机はトムによって使われます。)

疑問文Is this piano used by Tom?(このピアノはトムによって使われますか?)

このように疑問文を作る場合は、be動詞を前にだして作ります

【否定文の作り方】

肯定文・Dinner was made by my mother.(夕飯は母によって作られました。)

否定文・Dinner was not  made by my mother.(夕飯は母によって作られませでした。)

否定文は、be動詞の後ろにnotを加えて作ります。

【定型的に使うもの】

be married  (結婚している)
be made from~ (~から作られる)
be covered with~ (~で覆われている)
be known to~ (~に知られている)
be filled with~ (~でいっぱい)
be interested in~ (~に興味がある)

上記の表現は決まった形なので、覚えてしまいましょう!

【本日のポイント】

①受け身の表現は《Be動詞+過去分詞》
②be動詞の時制によってその文の時制が決まる。
③疑問文や否定文はbe動詞の文章のそれぞれの作り方と同じ。

2-4、【中2】助動詞


今日のテーマ:助動詞

今回は助動詞について説明していきたいと思います。

助動詞とは...

「私はピアノを弾く」→「私はピアノを弾くことができる
I play the piano  → I can play the piano

のように通常の肯定文に意味を付け加える時に使います。
つまり、付け加える助動詞によって様々な意味を持たせることが出来るのです。

助動詞にはいくつか種類があるので、まずそれぞれの意味を把握しておきましょう。
_____________________________________________________________________________________________________________
Can  「~できる」(可能)  ex)) I can speak English ....「私は英語を話すことができます」
May → 「~かもしれない」(推量)、「~しても良い」(許可)
                        ex)) It may rain at night....「夜は雨かもしれない」  You may eat the cake.....「あなたはそのケーキを食べても良い」
Must  「~しなければならない」(義務)、「~にちがいない」(推量)
          ex))You must go home.....「あなたは家に帰らなければならない」  It must be Tom's dog.....「それはトムの犬にちがいない」
Should 「~すべき」(義務)  ex)) You should call her.....「あなたは彼女に電話をかけるべきです」
_____________________________________________________________________________________________________________
主にこの4つが主要ですが、ひとつの助動詞に2つの意味を持つものもあるので、そこは文脈で判断していきましょう。

【書き換えられる助動詞】

上記の助動詞の中で、別の表現に書き換えられるものがあります。それは、canmustの二つです。

Canを書き換えるとbe able to~ になります。
 ex)) I can play tennis. → I am able to play tennis 「私はテニスができます」

Mustを書き換えるとhave to になります。
  ex)) He must do his homework. → He has to do his homework. 「彼は自分の宿題をやらなければならない」

Musttoとhave toに関しては、否定形の際に注意が必要になります。
☆Mustの否定形はmust not になりますが、意味は「~してはいけない」という強い禁止になります。
                      ex))You must not go there 「あなたはそこに行ってはいけない」

 一方、have to の方は、動詞と同じ扱いなので、don't(doesn't) have to になります。意味は「~する必要はない」になります。
                      ex)) You don't have to go there 「あなたはそこに行く必要はない」

肯定文では意味が同じでも、否定文では全く違うので気をつけましょう!

【本日のポイント】
 
① 通常の肯定文に助動詞を加えることで意味が変わる。
② 必ず《助動詞+動詞の原形》になる
③ 別の表現に書き換えられる助動詞がある。
④ must と have to の否定文では意味が異なる。



 

1-3、疑問文の作り方


今日のテーマ:疑問文

みなさんこんにちは!ステップワン個別指導ゼミです♪

中学生1年生にとって、初めての中間考査は如何だったでしょうか。
結果を見て英語が苦手だと思っても、まだまだ手遅れではありません。
英語は慣れですから、根気よく取り組んでいきましょう♪

さて、今回は疑問文の作り方を練習していきましょう。

前回の三人称も出てくるので、分からなくなったら前回の講座を振り返って見てください。

まずは【一人称・二人称】の疑問文の作り方について説明します。

肯定文→ You play the piano. (あなたはピアノを弾きます)

これを疑問文に直すと…

疑問文→ Do you play the piano?? (あなたはピアノを弾きますか?)

このようにDo+主語+ 動詞の原型 ~ という語順になります。

答え方はYes,I do./ No, I don't. となります。

では次に【三人称】の疑問文を作ってみましょう。

肯定文→ He goes to school. (彼は学校へ行く)

これを疑問文に直すと…

疑問文→ Does he go to school?(彼は学校へ行きますか?)

今度はDoes+主語+動詞の原形となります。 三人称のsやesは消えるので注意してくださいね!

答え方はYes, he does. /No, he doesn't. となります。

【本日のポイント】

①疑問文の作り方、一人称・二人称と三人称で異なる。
②一人称・二人称ではDo+主語+動詞の原形
③三人称でDoes+主語+動詞の原形
④三人称の時は、sやesが消えるので注意




このページのトップへ