HOME > ステップワンブログ > 「わかる楽しみ」を見つけてみましょう

ステップワンブログ

< Prev  |  一覧へ戻る

「わかる楽しみ」を見つけてみましょう

塾を探している皆様。こんにちは。
ステップワン個別指導ゼミです。

皆さんは塾にどのようなイメージをお持ちでしょうか。

「学校の延長線で、習ったこ、これから習うことの補足をする」「ガツガツと学習して頂点を目指す指導をする」
「とにかくいい高校に入れるように導いてくれる」「分からないことを習う」このようなイメージを持たれている方が多いともいます。

おそらく、だれでも共通した固定観念は、ズバリ「塾に通うと勉強させられる」だと思います。
確かに、「勉強するために塾に通う」という根本的な目的はどこの塾でも同じですので、これに関しては、最終的には、私たちも同じ考えです。

しかし、塾が考える「私たちの教育方針」については、私たちなりにほかの塾とは異なると考えています。
子供たちの「どこを認めてあげるべきか」という考え方の面でみると、他の進学塾とは異なると言い切れます。

進学塾が「得点を伸ばす」ことが目的だとすると、私たちは「わかる楽しみを身につけてもらうこと」を目的としています。
わかる楽しみを身につけていただければ、結果は自ずとついてきます。

ステップワン個別指導ゼミでは結果よりも過程を重視します。
ですから、良い得点が取れないからといって、叱ったり責めたりはしません。

たとえば、数学。

私たちは途中式の書かれていない、暗算で解いた計算問題の正解よりも、きちんと途中式が書かれた不正解のほうが、はるかに価値があるものだと考えています。
なぜならば、たとえ不正解でも、その子が書いた途中式には、その子なりの考え方と過程があるからです。
もし結果として間違いならば、その場所を発見してもらい、正しい道順へと導くことで、その子なりの「あぁ、わかった」が発見できるはずです。

「なるほど」「あぁ、わかった」が自分なりに身につくと、それは自分の力につながります。
私たちは、その感覚を身につけていただきたいと感じております。

ただ教えるだけで正解がすべての授業では、本来の力は身につかないと考えています。
間違えてしまった場所にも、そこから学び取るものが多くあります。

何よりも「結果がすべて」という考え方は一般的です。保護者の方が私たちに求めるものも、最終的には成績の向上と高校合格だということは理解しています。
しかし、最終的な目標に向かう道のりについては、それが知識の詰込みなのか、根本を理解して子供たちが解法を身につけていくことなのか、これは考え方によって異なってきます。

私たちは、子供たちが「わかる楽しみ」を発見して、自らが目標に向かって学んでいけるように、いろいろと試行錯誤を繰り返して、最終的には目標を達成する手助けができるよう指導していけたらと考えています。

私たちのエキテンのページでは、参考例として今までの合格先を上げていますが、これは決して教室の実績だとは考えておりません。なぜなら、これらは私たちの実力ではなく子供たちの努力の結果だと考えているからです。子供たちが希望する第一志望に合格していただけることが何よりです。ですので、私たちは偏差値で優劣は縛りません。

もし、教室で頑張りたいというお子さまがいらっしゃいましたら、ぜひ一度ご相談いただけますと幸いです。

ステップワン個別指導ゼミで学んでいきたいなと、取り組む気持ちが少しでもありましたら、私たちの教室では偏差値や成績表、内申点での優劣はつけていませんので、どのようなお子さまでもご遠慮なくご相談下さい。










< Prev  |  一覧へ戻る